タイムスケジュール


会社設立をする場合のおおまかなタイムスケジュールについて、ご紹介しましょう。ここでは、発起人が出資する発起設立の会社設立のケースを見て行きます。
1.会社の基本的事項について検討し決定します。
   所在地、会社名、事業内容、会社役員、資本金、決算日、メインバンクについて検討します。
2.商号(会社名)の確認をします。
   本店所在地を管轄する法務局で、同一住所、同一商号の登記が無いかを確認します。
3.会社の法人印鑑を発注します。
4.発起人、取締役全員の印鑑証明書を用意します。
5.定款の作成を行い、発起人全員が実印を押印して完成させます。
6.定款の認証を受けます。
   本店所在地を管轄する公証人役場で、定款の認証を受けます。
7.資本金を払いこみます。
   メインバンクにした銀行の口座に、資本金の入金をします。
8.登記申請を行います。
   本店所在地を管轄する法務局に、会社の登記申請をします。
9.諸官庁へ届出ます。
   登記完了後、税務署、市町村役場、都道府県税事務所に法人設立届けを提出します。
順調にいった場合でも、登記申請までに1ヶ月、申請後、登記完了(会社設立完了)まで2週間を目安に考えてください。

  • “会社設立の後に法人は利益を出すことによって、国に規定の法人税を支払う義務となっています。最近では国が法人税の減税に踏み切ることによって、売り上げが期待できる大企業への会社設立には大きな利益のメリットがありま …

    法人税、消費税と年金