創業と増資について

創業、つまり会社設立と言うのは、それなりにお金が掛かります。会社なんてものは、最低限、創業します、と宣言すればなんとかなるのですが、税金の優遇とか印鑑の登録とかをしておくことによって社会的に認められるようになるのです。会社設立をするには法務局に行く必要があります。株式会社とかそうした正式な会社の組織を作るにはそうしたことが必要なのです。書類は色々と面倒なことが多いのですが、そのあたりのことは行政書士にお願いしておけばすべて丸投げすることが出来るようになります。多少、費用は掛かりますから、そのあたりは覚悟しておくことです。法務局に登録するのに数万円から十数万円掛かります。どんな組織にするのか、と言うことによって値段が違いますから、注意することです。行政書士に依頼するのもその事務所によって費用はまったく違いますから、よくよく調べてから会社設立を出来るだけ安いところにお願いするようにすることが重要であると言えます。

以前の株式会社設立や有限会社設立と言うものには、それぞれ最低資本金には高額費用が必要でした。
この最低資本金の額と言うのは、株式会社の場合では1000万円、有限会社の場合では300万円と言う費用が必要だったのです。株式会社設立をしたいと考えていても、資本金額が1000万円と言う金額が高額であるため、会社を作る場合などでは、費用を考えて有限会社にしていた会社も少なく有りません。
しかし、新会社法が平成18年5月1日に施行されたことで、この最低資本金の額は1円という金額に代わり、これにより、個人事業主などの人が会社を作りやすくなったと言えるのです。
最も1円から可能と言っても、会社設立を行う場合にはある程度の金額を利用して資本金としたいものですし、資本金が多い分信頼にも繋がるわけです。
勿論資本金は、後から増資と言う形も取れますので、最初は100万円などの資本金にして、会社が軌道に乗った時点で増資を行う事も出来るのです。