法人税、消費税と年金

“会社設立の後に法人は利益を出すことによって、国に規定の法人税を支払う義務となっています。最近では国が法人税の減税に踏み切ることによって、売り上げが期待できる大企業への会社設立には大きな利益のメリットがあります。大企業の会社設立を果たして、法人税の減税をする事によって、大企業が売り上げた利益を多く労働者に還元できるという意味合いで、経済の活性化の観点から法人税の減税に踏み切った事です。しかし、同時に国は法人税の減税分を補填する消費税の増税に踏み切ることによって、大企業に関しての景気を挙げる以降という議論となっているわけです。消費税の増税は、消費者が負担が増えるという論点が中心となっていて、会社設立を果たした中小企業にとっては、経営が行き届きにくくなる場合もあります。しかし、消費税の増税を行ったからといって、会社設立をした中小企業のお客様に対する商品やサービスの質を下げなくて、税金にこだわらない価格で提供している経営努力が伺えます。

他にも法人設立の際に、法人で働く労働者に対して、厚生年金の加入に関する義務が事業者に課せられます。法人設立を果たしたと同時に、事業に従事する労働者が将来において高齢となったときに働くことが難しくなった場合に備えて、社会保険の加入が法律で義務付けられます。社会保険の一つとして機能している厚生年金は、法人設立を果たした直後から、年金による法律で収入の一定の割合を法人と労働者が折半して納入する事になっています。将来にかけて、高齢化がますます進行していくことを背景にして、社会保険の負担の割合が少しずつ上昇の傾向にあります。法人で加入する年金の種類としては、一般の民間の法人として設立した時に加入となる厚生年金があります。公務員として働く場合の年金として、公務員の独自の共済年金という種類があります。国民年金を独自に納める必要がなくて、将来の国民年金の額に年金が上乗せされる仕組みとして、現在では機能している事です。”